善玉コレステロール増やし方

リコピン コレステファイン約1か月分を半額でお試し

初回限定約1か月分を半額でお試しいただけます!


血中コレステロールが気になりだしたら、善玉コレステロール増やし方なら、血中HDLを増やす働きが報告されているカゴメのリコピンのサプリメントがおすすめです。

トマトのリコピンで善玉コレステロールが増加


40代、50代と年齢を重ねるごとに、健康診断や人間ドッグなどで血中コレステロールを指摘されたら、毎日一粒飲むだけとお手軽なカゴメのリコピンコレステファインというサプリが簡単です。

LH比


血中コレステロールを考える場合、善玉(HDL)コレステロール値と悪玉(LDL)コレステロール値の比率、LH比が重要で、

LH比の目安(健康←1.5、2.0→注意)

参考文献「薬事日報」2014年12月17日」

いかにして善玉コレステロール値を増やすかが大切で、


リコピンには、従来は難しいと言われていた善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがあります。(^o^)


カゴメの「リコピン コレステファイン」は、HDLコレステロールを増やす働きのあるリコピンを含んだ機能性表示食品です!

機能性表示食品【届出番号 A109】

届出表示/本品にはリコピンが含まれます。リコピンには血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働きが報告されています。血中コレステロールが気になる方にお勧めです。
※本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。


もちろん、食生活のバランスを考えて、主食、主菜、副菜を食べることが大切ですが、トマト1.8個分のリコピン15mgが凝縮されているサプリメントが、カゴメのリコピンコレステファインです。


トマトジュースといえばカゴメが最初に頭に浮かぶのですが、そのカゴメが長年研究してきたトマトの赤い色素であるリコピンには、血中 HDL(善玉)コレステロールを増やす働きが報告されています。

≫≫ 詳しくはこちらで説明されています。

リコピン コレステファイン


カゴメのリコピンコレステファインが半額


血中コレステロールが気になる方にお勧めの、血中 HDL(善玉)コレステロールを増やす働きが報告されているリコピンを含む機能性表示食品として注目のカゴメのリコピンコレステファインが、半額でお試しできるようになっています。


初回購入の方限定で、1世帯1点1回限りとなりますが、送料無料で約31日分のカゴメのリコピンコレステファインをお試しできるトライアルセットが、スマホやパソコンから申し込めるようになっています。


健康診断等で血中コレステロールを指摘された方へ、1日に一粒飲むだけという手軽に始められるサプリメントタイプのカゴメのリコピンコレステファインがどのくらい効果を実感できるのか、個人差もありますので是非一度、初回限定約1か月分を半額でお試ししてみて下さい。


カゴメ公式サイトにて、イラストなどでより分かりやすく、カゴメのリコピンコレステファインの情報を確認してみてください。


中高年の血管


最近では中高年に血管病が増えているということで、例えば心筋梗塞や脳卒中で倒れた話など、テレビの教養番組でもよく紹介されているのを見かけます。


普通に暮らしていて体は健康だと思っているときに突然襲ってくる、血管の病気、脳卒中や心筋梗塞などの大病は、血管の老化により血管の柔軟性がなくなり硬くなって、もろくなる血管病だと言われています。


身体の血管は次第に年老いてくるもので、どんなに健康的な生活を送っていても、血管年齢は次第に緩やかに老化してしまうのです。


そして加齢による血管の老化によって引き寄せられる血管病は、70代後半から80歳くらいにかけて発病する危険が高いようで、早い人では40、50代で病気になってしまう人も決して少なくないようです。


食生活の中で美味しい食事やお酒を好んで飲んでいる方には、それが普通なことで、特に運動などの健康について気にしないで生活していると仕事などのストレスや疲労も追い打ちをかけて、ある時、突然体の異変を感じてしまうことも。


カロリーの取りすぎで運動不足から40代なのに血管が老化して、血管病となってしまい、脳卒中や心筋梗塞で倒れてしまう危険もあります。


適度な運動を心がけて、バランスの良い食事に気をつけて、お酒も休肝日をとるようにすれば、多少は違うのでしょうが、過食と運動不足の生活が現代人にはついてくるのかもしれません。


まずいことに、血管の老化が仮に進んでしまっても、自覚症状はあまり感じられないケースも多いようで、突然に脳卒中や心筋梗塞で倒れてしまったり、後遺症が残るケースもあり得る話なのだそうです。


日本人の死因の原因の上位に心筋梗塞や脳卒中などがあげられ、これらの病気は最悪の場合は突然死へ繋がることもあり、注意しなければなりません。


日本人の血管病のリスク


日本人の死因の原因の1位は、約30%がガンとなっているのだそうで三人に一人が癌とのことで、これと同じくらいに、心筋梗塞や脳卒中などの血管病が上げれれるそうです。


このことから心筋梗塞や脳卒中などの血管病が日本人には特別な病気ではなく、ごく身近に存在する危険な大病とご言えましょう。


実はこの日本人に多い血管病には特徴があり、地域的に塩分摂取量が特に多かった東北地方でよく見受けられたようですが、塩分過多の食事を好んですることで高血圧が発症し、脳の細い動脈が破れて起こる脳出血が非常に多かったようですが、塩分の取りすぎに注意する取り組みによって、徐々に減少したのだそうです。


それでも、依然として塩分を好んで多くとる習慣が見受けられる地域では、現在でも多いのだそうで、塩分の取りすぎは依然として日本人のリスクと一つと言えましょう。


また、欧米の食文化が浸透するようになってから、脂肪や糖質の取りすぎから起こる太い動脈の硬化から起こる血管病、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まっているそうです。


ハイカロリーな揚げ物や肉類、過剰に食べてしまう炭水化物などの糖質が原因で、欧米型の食生活となってしまい、血管へダメージが蓄積され老化してしまうことで、血管病のリスクが増えているのでしょう。


やはり普段からバランスの良い食生活の改善や運動不足ぎみな現代社会の生活習慣に日頃から気をつけて、健康な生活を送るために心がけることが必要なのかもしれません。


脂質異常症について


私たちの血液の液体成分の血清に脂質(コレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸、リン脂質など)が存在しており、身体の健康を保つために重要な役割を果たしているとされています。


中でもコレステロールと中性脂肪の量が必要以上に増えすぎてしまったり、減りすぎたりするとバランスが崩れて脂質異常症となってしまいます。


するとと、動脈硬化や心筋梗塞や脳梗塞などの病気の発症させる要因になってしまうこともありますので、注意が必要なのですが、はっきりした自覚症状が出にくいので、健康診断などで血液検査を定期的に受けることが大切になります。


この血中コレステロールや中性脂肪の量が増加したり、減少しすぎてしまう病気の脂質異常症では、コレステロールや中性脂肪が血液中でリポタンパクの形になっているのだそうです。


LDL(悪玉)に含まれるコレステロール量、HDL(善玉)に含まれるコレステロール量、それに主にVLDLに含まれる中性脂肪の量から脂質異常症のタイプは3つあり、LDLコレステロールの量が多いと高LDLコレステロール血症と言われ、HDLコレステロールの量が少ないと低HDLコレステロール血症と言われ、中性脂肪(トリグリセライド)の量が多いと高中性脂肪血症となります。


※コレステロールは脂肪であるので、水と油が混ざらないのと同じように、そのままの状態では血液と混ざり合うことがありません。


脂質異常症であるかどうか判断するためには、血液検査を行うことが必要で、血液の血清100mlの中にコレステロールや中性脂肪がどのぐらい存在するのかで判断されます。


脂質異常症を診断するに当たって、空腹時に採血した血清中100mlあたりに含まれる脂質の量を診断し、
高LDLコレステロール血症は、LDLコレステロールが140ml/dl以上
低HDLコレステロール血症は、HDLコレステロールが40ml/dl未満
高中性脂肪(トリグリセライド)血症は、中性脂肪(トリグリセライド)が150ml/dl以上
とされています。


どのタイプでも動脈硬化が進行してしまうそうですが、LDLコレステロール値が高い場合がもっとも注意が必要で、特にLDLコレステロール値と一緒に中性脂肪値も高い場合は、動脈硬化が早く進んでしまう心配があるようです。


動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の原因となってしまうことがありますので、生活習慣を改善させバランスのとれた食事を心がけるのも一つの良い方法とされています。


コレステロールと中性脂肪


コレステロールと聞くとカラダの健康に良くないようなイメージが浮かぶかもしれませんが、実は人間の生命を保つためには絶対に必要なのです。


血液によって身体中にコレステロールが運ばれ、筋肉や骨、皮膚や神経や内臓などの各組織の細胞膜の材料になる人間の体には必要な材料なのです。


更に、男性ホルモンや女性ホルモン、副腎皮質ホルモンといった体のさまざまな働きを調整してくれるホルモンは、コレステロールが原料となっているのです。


食べた油脂の消化や吸収を助ける消化液のひとつ、胆汁の主な成分である胆汁酸もコレステロールが材料となっていますので、人間が生きていくためにコレステロールはなくてはならない成分といえましょう。


中性脂肪も私たちにが活動するために必要なエネルギー源とし大事な脂質で、その時に利用されなかった分は、皮下脂肪など体脂肪として体内に蓄えられます。


そして必要な時の遊離脂肪酸に分解され、生命活動のエネルギー源とし使われるのですが、中性脂肪が正常な範囲内で血液中に含まれている場合には問題が内のですが、必要以上に増えてしまうと心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病を招くとされています。


この中性脂肪は、食事に含まれていう脂肪から摂取されるだけではなく肝臓で糖質からも合成され、アルコールは肝臓での中性脂肪の合成を高める作用があるそうです。


これはコレステロールや中性脂肪は、血液によって身体全体の各組織へ運ばれて活用されるのですが、そもそも油成分であることから、水には溶けないのです。


そこで、コレステロールや中性脂肪は、血液中ではリポタンパクという形でカラダ中へ流れて運ばれるのだそうです。


コレステロールを運ぶリポタンパク


コレステロールと言えば、善玉コレステロールのHDLコレステロールと、悪玉コレステロールのLDLコレステロールとコレステロールが善玉と悪玉に分けられて説明されることがよくあります。


実際の所、コレステロールを運ぶリポタンパクの種類が違うだけで、善玉と悪玉に分けられており、私たちが生きてゆくために必要な成分なのです。


HDLは善玉として「高比重リポタンパク(High density lipoprotein)」、LDLは悪玉として「低比重リポタンパク(Low Density Lipoprotein)」の略称となっています。


悪玉とマイナスイメージの名前が付いている悪玉コレステロールは、各組織にひつような成分であるコレステロールを運ぶ大切な役割があるのです。


ただ、必要とするコレステロール量には限度があり、必要以上に貯まってしまったLDLの悪玉コレステロールは血管壁の中にしみ込んで血管の内壁へ貯まってしまい動脈硬化の原因となる危険があります。


その余分に運ばれてきた余分なLDLの悪玉コレステロールを、HDLの善玉コレステロールが回収して肝臓に送り届け、再利用や分解・排泄して動脈硬化の進行を抑える作用が期待されるのです。


つまり、コレステロールを過剰に摂取しても、血液中に増えすぎてしまう飽和状態が続くと、LDLの悪玉コレステロールが動脈の中に溜まってしまうのですが、HDLの善玉コレステロールは血液中で飽和状態になっているコレステロールを集め肝臓へ運んでくるのです。


結果として、動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞を発症する危険性を予防してくれるということです。


血中コレステロールが気になる方に!


血中コレステロールが気になる方へ、善玉コレステロール増やし方としておすすめの善玉(LDL)コレステロールを増やす リコピンの機能性表示食品のサプリメントが登場です!

健康診断等で血中コレステロールを指摘され、何か対策がしたい、でも手軽がいいという、 そんな方におすすめです!!

今なら発売記念キャンペーン、 初回限定約1か月分を半額でお試しいただけます!

↓↓血中コレステロールが気になる方に!リコピン コレステファイン!↓↓